So-net無料ブログ作成

三国志 [日記]

私がまだ前の職場にいたころから
三国志になぜか知らないけどはまりだして
北方謙三版は小説で3ヶ月程度で読破したのですが
いろいろと調べていると、作者によって内容が違うということが分かりました。
でも、いまさらあの大量の文章を読む気にもならないので
横山光輝三国志を漫画で読み出すことにしました。

中国ではあまりこの本は読まれていないようですが
日本ではよく読まれている物語だと思います。
私は日本の戦国時代の大名といえばやはり上杉謙信ですが
三国志には魅力的な人物がたくさん出てきます。
物語上は蜀の国があたかも正義のように書かれていますが
それを差し引いてもなんと優秀な人材がそろった国なのだと感動しました。
でも、劉備が死んでダメ息子に代替わりするととたんに滅びるのもなんだか・・・。
かといって、魏の国のようにトップが偉大でも部下にのっとられて滅びたりもするし
呉の国のように安全志向で政治をしても最終的には滅びてしまう。
人間がすることというのは必ず終わりがあるのかも知れないとつくづく思ってしまいます。
でもだからこそ、今を生きるということは非常に大事なんだと思います。
最終的に滅びると後々に分かっていても諸葛亮の奇才な能力はいまなお
語り継がれているように、何かはきっと受け継がれていくんだろうと思う。

最近、妻が妊娠をしたんですが
子どもが生まれたときに自分は何を子どもに受け継がせてやれるのだろうかと
三国志を読みながらときどき思うわけです。
まぁ子どもが私の生き様をみてなんなり感じてもらうこと以上のことはしてやれないんだろうけど。

参院選、見事に自民党大敗!
これでようやく少しは何かがかわる。
それがいいのか悪いのかは分からないけど
やはり行き詰ったら変化が必要なんだと思う。
三国志の劉備も関羽や張飛という最高の豪傑をもってしても
国一つ取れなかったのが、諸葛亮という軍師をもつことで大きく飛躍したんだから。

さて、今年もそろそろダイビングの季節がやってきました。
その前に、近いうちに仙台までロッテ応援に駆けつけます。
もちろん青春18切符で!まだまだ気持ちは青春時代を生きているのだ!

それと最近新たな目標ができました。
それは、ビールやシングルモルトといった洋酒も極めること。
極めるのに最高の店を見つけたので通い続けるぞ~!
三国志の世界でも何かと酒を飲み交わす場面が多いのですが
私と酒を飲み交わす豪傑を求む!
そしてめざせ桃園の誓い。


2007-07-30 23:14  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

正三

山崎蒸留所いこうぜ!!
お盆は帰れなさそうなので、次回帰るときにでも!!

今黒ビールにハマってます。
っつうても、コンビニで売ってる缶ばっかやけど、
プレミアムの黒はめっちゃうまいで!!これはおすすめ♪
エビスはちょっと重いかな。円熟の黒はちょっと軽すぎ。
飲んでみてー。
by 正三 (2007-07-31 23:54) 

sanbon

>正三
ちょうど今日山崎蒸留所のパンフレットをもらってきた。
そのまえにおそらく「ジョバンニ」に数回は通ってると思うけど。
あそこは一人でも全然行ける雰囲気やし。
山崎蒸留所では「テイスティング講座」なるものがあるらしい。
こうなったら日本も世界も含めて酒を極めるしかない!
by sanbon (2007-08-01 23:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。